一部の投資家の方は、iGaming市場は過度に不安定だとお考えかもしれません。それはある意味では、厳しく制限を課している各国の様々なルールや規制のせいだといえるでしょう。ですが幸いなことに、日本ではそのような状況はないのです。

日本の賭博およびゲーム業界は今、大きな変化を遂げています。多くの実店舗やギャンブル施設は閉鎖され、その代わりにオンラインゲームサイトが台頭しているのです。やはり未来はデジタルですから、オンライン化は当然の流れといえますね。

ここ日本は、オンラインギャンブル界では最も有力視されている国です。というのも、日本のギャンブル産業は、2008年時点で80億ポンド以上の収益を上げており、特に過去10年間で収益はかなりの成長を遂げ、2018年には約144億ポンドに達したのです。たったの10年で80%の成長率は本当にすごいことです。この数値は、当該分野がさらに発展する可能性を明らかに示しており、賢明な投資家や起業家が新しいビジネスを立ち上げて期待できる利益を意味しています。

世界でiGaming産業は急速に広がっていることは、統計データに如実に表れています。2016年のiGamingの全世界での収益は約318億ポンド(418億USD)でした。専門家の予測によれば、2025年には760億ポンド(1,000億USD)になる見込みです。

iGamingの歴史

有名なiGaming事業者の多くは、遡ること1990年代後半から実は存在しており、オンライン・カジノ・ソフトウェア開発会社としても著名です。テクノロジーに精通した若い世代のギャンブルへの参加、安価な携帯電話の普及、インターネットの高速化、さらにギャンブル規制を緩和する法律が世界中で制定されたことなどにより、iGamingは飛躍的に発展してきました。

テクノロジーへの投資

テクノロジーの進歩は、オンラインカジノへの投資を惹きつける重要な誘因の一つです。実際、オンラインカジノは、ゲームに新しいコンセプトを加えることによって、テクノロジーの進歩を促してきました。一例として、ライブカジノはもうすでに人気のコンテンツですし、3Dゲームもどんどん普及しています。近い将来、バーチャル・リアリティが当たり前の技術になれば、よりリアルなゲーム体験ができるようになるでしょう。このように、オンラインカジノはテクノロジーとの連携によって大幅にパワーアップし、投資対象として収益性を一層高めているのです。

未来を予見する

新しい投資先を検討する際には、大局的に考えることが重要ですよね。オンラインカジノの場合、様々な条件に合わせてカスタマイズできるという手軽さが魅力です。インドのオンラインカジノ一覧を見てみると、各カジノがそれぞれ別の地域で集客していることがわかります。カジノは、運営しているすべての場所でこれを実現するだけで、視聴者数は大幅に増加するでしょう。

ポテンシャルを知る

経験豊富な投資家であれば気づくと思いますが、iGaming業界にはまだまだ多くの可能性が秘められています。すでにオンラインカジノ業界では、スポーツ賭博を組み入れることにより、顧客層の多様化が進んでいます。将来的には、個々のユーザーが興味の対象としているより多くの分野を一つの分野にまとめ、ワンストップで利用できるようなサイトが登場するかもしれません。さらには、レジャー、旅行、料理、エンターテイメントなど、他の業界に大きな影響を与える可能性だってあるのです。