【I型/Ⅱ型】早わかりガイド

① 法人における代表者交代(先代の退任と後継者の就任)による事業の承継

条件 Ⅰ型 Ⅱ型
承継時において、承継者となる代表が対象法人の議決権の過半数を取得していない場合 ×
承継時において、承継者となる代表が対象法人の議決権の過半数を取得し、個人事業主として既に他の事業を営んでいる場合
承継時において、承継者となる代表が対象法人の議決権の過半数を取得し、他の法人の議決権の過半数を所有している場合

② 個人間の事業譲渡による事業の承継

条件 Ⅰ型 Ⅱ型
承継時において、承継者が個人事業主として既に他の事業を営んでおらず、他の法人の議決権の過半数を所有している者でもない場合 ×
承継時において、承継者が個人事業主として既に他の事業を営んでいる場合
承継時において、承継者が他の法人の議決権の過半数を所有している者である場合

③ 法人からの事業譲渡又は、法人の株式取得による事業の承継

条件 Ⅰ型 Ⅱ型
承継時において、承継者が個人事業主として既に他の事業を営んでおらず、他の法人の議決権の過半数を所有している者でもない場合 ×
承継時において、承継者が個人事業主として既に他の事業を営んでいる場合
承継時において、承継者が他の法人の議決権の過半数を所有している者である場合

④ 法人間における事業の引継ぎを行う事業の承継

条件 Ⅰ型 Ⅱ型
合併/会社分割/事業譲渡/株式交換・株式移転/株式譲渡のいずれかにより、事業の引継ぎがおこなわれること ×

⑤ 個人事業主から法人への事業譲渡による承継

条件 Ⅰ型 Ⅱ型
事業承継対象期間内(2015年4月1日~2018年12月31日)に、個人事業主における事業譲渡による承継が行われ、承継者である個人事業主が法人化した(法人化する予定である)場合 ×
被承継者と承継者となる法人の代表者が同一人物の場合 × ×
  • Ⅰ型もしくはⅡ型への応募は承継者1者につき1件を限度とします。
  • Ⅱ型においては、被承継者は複数でも可となります。
  • Ⅰ型、Ⅱ型いずれも、承継者は1者となります。
  • Ⅱ型においても応募者は承継者になりますが、応募日以降に承継予定の場合は承継日が記載された承継に関する契約書等(承継形態により議案書、または廃業届と開業届)のDRAFT版の写しの提出が必須となり、被承継者および承継者の共同申請となります。
  • Ⅱ型において、上記①~⑤にあてはまるか不明の場合は、事務局までお問い合わせください。
お問い合わせ先
事業承継補助金事務局
〒104-0061
東京都中央区銀座2-16-7 恒産第3ビル2F
事業承継補助金事務局
03-6264-2670
お問い合わせ受付時間
10:00~12:00、13:00~17:00
(土・日・祝日を除く)
※電話番号はお間違えのないようにお願いいたします。
ページの先頭へ